UA-91635752-2

椎葉移流(シーハイル)

安心な生活の知恵

Home » ことばの散歩道 » 「盂蘭盆会」の語源は何か?|梵語(サンスクリット語)の「ウランバナ」が語源

「盂蘭盆会」の語源は何か?|梵語(サンスクリット語)の「ウランバナ」が語源

calendar

reload

盂蘭盆会(うらぼんえ)

 日本では、仏教の何れかの宗派に属する家庭では、毎年盆の時期になると仏壇にご馳走をお供えしたりして坊さんを自宅に呼び読経(どきょう)して貰ったり、お墓参りをしたりするなど盆供養(ぼんくよう)なる行事を行うところが多い。

 これが盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれている年中行事(盆行事)であるが、本来旧暦の7月15日に行うべきものであったのが、今では8月の盆休みに行われるのが普通になっている。

盂蘭盆会の語源ウランバナと目連尊者

 盂蘭盆会(うらぼんえ)という言葉は、梵語(ぼんご:サンスクリット語のこと)のウラムバナ(ウラムボニエ)が語源であり、その意味は倒懸(とうけん)、すなわち逆さに吊るすという意味である。

 盂蘭盆会の語源は上記したとおりであるが、盂蘭盆会が行われるようになった由来としては次のようなことが伝えられている。

 バラモン出身の目連(もくれん、梵語名:モッガラーナ)尊者が、舎利弗(しゃりほつ、梵語名:シャーリプトラ)にさそわれて釈尊に弟子入りをしたことはよく知られていることである。

 この目連が修行中神通力(じんつうりき)を得て亡き母親に会うことが出来たが、母親が餓鬼道(がきどう)に陥って倒懸(逆さ吊り)の苦しみを受けている姿を見て驚き、師なる釈尊にその旨を告げてお救い願いたいと哀願した。

 目連の願いに対し、釈尊は「よいかな、汝、その修行の満願(まんがん)の日に、師を敬い衆僧を供養(くよう)せよ」とおうせられた。

 たまたま目連の修行の満願の日が、旧暦の7月15日であったことから盂蘭盆会(うらぼんえ)が7月15日に催されるようになり、それが現在多くの家庭で行われているウラボン供養になったというわけである。

盆供養は意義を知った上で行う方が良い

 さて、年中行事の盂蘭盆会の解釈として、世間では地獄の門が開かれて死者の霊が開放される日であるとされ、ご馳走をして死者を迎え死者を供養する日であると言われている。

 そうであるとするならば、毎年盆供養を繰り返すことは、先祖がいつまでも地獄に陥っていることを認めるようなものである。

 先祖の中には地獄に陥っている者もあるかも知れないが、先祖が全部いつまでも地獄に陥っているわけではなかろうから、毎年盆供養を繰り返すことは、立派な先祖を侮辱することと同じだと考えられなくもない。

 ご馳走をして先祖の霊を慰めたいのであれば、亡者(もうじゃ)が地獄から開放されると言われる日に亡者の仲間入りをさせるようなことをする(盆供養をする)のではなく、各先祖の命日(めいにち)にその人の好物をお供えして、生前を偲(しの)びながら、故人の徳をたたえる方が良いようにも思われる。

目連尊者の話の真偽

 上記した目連尊者の話であるが、釈尊滅後の後世、中国を経て日本に伝わる間に作り上げられた話である可能性が高い。

 その理由は、尊者とまで言われ、釈尊の弟子中神通力(じんつうりき)第一と言われていた目連が、自分の母親一人を救えなかったわけはないであろうと思われるからである。

 また、バラモンの学僧でもあり、最上級階級の出身である目連とすれば、崇敬と供養のことぐらいは既に心得ていたと見なければならず、師(釈尊)を敬い衆僧を供養するくらいのことは、数々の修行中既に行ってきたはずであると考えるのが自然であるからである。

釈尊の教えが正しく伝わっていない日本社会

 釈尊自身が当時のバラモンやヨガの何れの行者よりも遥かに高い神通力(六通力)を身に備えておられたことは釈尊伝などに記述がある。その時代の通力第一を自認する多くのバラモン行者やヨガの行者などが釈尊を打ち負かそうと試みるが、彼らは釈尊が自分たちより遥かに高い境地にあり、自分たちの通力が遠く及ばないことを悟ることになったことが書かれている。

 そのような高い通力を備えられていた釈尊ではあったが、人間性の伴わない者が通力を身につけることは危険(身を滅ぼすもとになるもの)であるとして、言葉をもって(顕教として)人づくりをしながら教えを説かれたとのことであるが、釈尊の高弟たちも修行に応じた通力を備えていたと考えるのが自然である。

 供養という言葉の本来の意味は、先祖の霊を慰める儀式を言うのではなく、神仏(如来や仏陀)を供養して先祖の(霊界あるいは転生後における)救いやお導きをお願いするのが本筋である(以下の語句の説明の項参照)。

語句の説明

六通力(ろくつうりき)

 神仏(如来や仏陀)や菩薩などが持っておられるとされる六種の超人的な能力のこと。

供養(くよう)

 御供物 (おそなえもの) をして神仏を拝むこと。死んだ人の霊の多くは迷っており、これを浄化しある程度悟らすためには神仏の大きな慈悲に触れることが必要である。神仏に御供物をして死者の霊のお導きを願い神仏を拝むことが供養の真の意味である。

追善(ついぜん)

 死んだ人を偲(しの)ぶこと。祖先の命日にお坊さんを呼んで読経してもらうこと。故人の生前を偲び語り合う儀式は大変有意義であり、霊を慰め、諸神諸仏に祈願し報告するようなこと。     

回向(えこう)

 死んだ人を弔(とむら)うこと。習慣的にも人間性からも美風とすべき意義あることであるが、形式に流れて本質からかけ離れないことが大切である。

関連記事(六道):https://marisuke.com/archives/4877

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す