UA-91635752-2

椎葉移流(シーハイル)

安心な生活の知恵

Home » お酒 » 諏訪と真澄のあらばしり

諏訪と真澄のあらばしり

calendar

reload

スポンサーリンク

諏訪観光と諏訪大社

 名古屋からJR中央線で長野行き特急「しなの」に乗車し、塩尻で新宿行の特急「あずさ」に乗り換えて2つ目の駅が諏訪湖にほど近いJR上諏訪駅である。名古屋から上諏訪までの所要時間は、特急を利用した場合、約2時間30分である。

 上諏訪駅は、現在の諏訪市の中心地にあるが、諏訪一体は縄文時代から栄えた地域であり、本州で最も遅くまで縄文文化が残っていた地域と言われている。諏訪には諏訪大社四社、上社本宮、上社前宮、下社春宮、下社秋宮があり、諏訪大社の御柱祭は、平安時代の頃から続く勇壮な伝統行事として全国的に知られている。

諏訪大社上社本宮
御柱祭|株式会社サンケイ|長野県諏訪市を中心とした不動産、土地、分譲地
御柱祭

 諏訪大社四社の四隅に御柱を立てる言われは、諏訪明神御神体の表象、聖域の結界、地神鎮撫などと言われているが、日本の他の地域の神社に見られないことから、巨木文化と関わりが深い縄文文化の名残の可能性もある。

諏訪と諏訪周辺の観光スポット

 諏訪市の観光スポットの一つである諏訪湖は、間欠泉が吹き出したり、夏は花火、冬は御神渡りが見られたりすることで、大勢の観光客が訪れるところである。諏訪市周辺へと足を伸ばせば、霧ヶ峰、車山、白樺湖、蓼科高原など多くの観光スポットが点在する。霧ヶ峰からはビーナスラインを走って美ヶ原へと足を伸ばすことも出来る。

諏訪湖間欠泉センター】 | 間欠泉, 諏訪湖, 温泉
諏訪湖の間欠泉
神秘現象 諏訪湖の「御神渡り」 5年ぶりの出現に期待大 - ウェザーニュース
諏訪湖の御神渡り

 また、諏訪湖を含む信州は水の綺麗なところであり、美味しい蕎麦や日本酒に出会う楽しみや、渓流で捕れたイワナやヤマメを食べる楽しみもある。

諏訪の酒蔵

 日本酒に関して言えば、諏訪市には酒蔵が五つあり、酒蔵見学やお酒の購入も諏訪観光のもう一つの楽しみである。ただし、現在はコロナウイルス蔓延防止の為、酒蔵見学は制限されているようである。

 諏訪市五蔵の一つに「真澄」の名を冠した宮坂酒造がある。この酒蔵は7号酵母が見つかった酒蔵で、真澄の商品の一つに7号酵母だけを使った「7号」の銘を冠された純米大吟醸酒がある。7号酵母は香りのよい酵母で、現在では全国の多くの酒蔵が7号酵母を用いている。

nanago
真澄の純米大吟醸「7号」

真澄の酒蔵

 真澄の酒蔵は、上諏訪駅で下車し、駅前の道路(国道20号)を右方向(東京方面)に折れて800mほど行った右手にある。この酒蔵は自社の日本酒の販売の他、売店で作家の銘入りの品のいい酒器などを展示販売しており、お酒を買わない人でも立ち寄るのが楽しい酒蔵である。以前立ち寄ったときに購入した大吟醸酒の酒粕は、酒臭さが全く無く、上品な香りがする素晴らしいものであり、それまで出会った他の酒蔵の酒粕を遥かに凌駕するものであった。この酒蔵は近くを通ると立ち寄ることが多いが、販売量が少ないのに加え、時期が限られるため、その後、その酒粕を購入出来たことがない。

宮坂醸造 セラ真澄
真澄の酒蔵「セラ真澄」

 コロナ禍で酒蔵に行きにくい今の場合、真澄のお酒に関しては、次のURLからオンラインショップでも購入することも出来る。
  https://www.masumi.jp/

あらばしり

 真澄の人気商品の一つに「あらばしり」がある。味・香りとも素晴らしい上にコストパーフォーマンスが高いとあって、毎年11月頃売り出されると、1月中頃には真澄の酒蔵では売り切れで手に入らなくなり、信州の酒屋で残っているのを見つけて購入するしかできなくなるといった具合である。

真澄の「あらばしり」

 真澄の「あらばしり」は純米吟醸の生原酒であるので、クーラーボックスに入れて持ち帰るか、クール便で自宅へ送るかした方がよい。

補足

 あらばしり(荒ばしり)とは、日本酒をしぼったときに一番初めに出てくるお酒のことである。もろみを麻袋に入れ、圧をかけずにもろみの重さだけで自然にでてくる少量しか取れない部分で、酒臭さや雑味がなく、少し荒さのある味と華やかな香りがするお酒となる。

 日本酒は、しぼって出てくる順番で名前が付けられています。

・一番最初に出てくる部分・・・荒ばしり
・中間に出る部分・・・中取り
・最後に出てくる部分・・・せめ

蕎麦に合うお酒

 お酒の好きな人には蕎麦を食べながら飲む人がいるが、蕎麦は香りを楽しむとともに繊細な味を楽しむものである。したがって、蕎麦に合うお酒も、雑味の無いスッキリとした味わいで酒臭さの無いものが合うとおもわれる。そういった点から次のお酒は蕎麦を食べながら飲むのに適していると思われる。

日本酒:真澄大吟醸酒 「7号」

ワイン:五一わいん 「ナイアガラ」

五一ワイン 酸化防止剤無添加ナイヤガラ 720ml
五一わいん「ナイアガラ」

 7号は岡谷の蕎麦屋さんに置かれており、五一わいんは塩尻の蕎麦屋さんに置いてあった。蕎麦を食べながら飲んでみたが、どちらも スッキリとした味わいで香りも良い上に、蕎麦の味と香りを邪魔しない、実に蕎麦によく合うお酒であった。