UA-91635752-2

椎葉移流(シーハイル)

安心な生活の知恵

Home » ことばの散歩道 » 四聖道|六道の上にある聖なる世界

四聖道|六道の上にある聖なる世界

calendar

reload

スポンサーリンク

十界と 一心十界

 十界とは、仏界を最上位とし、以下順に菩薩界、縁覚界、声聞界、天界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界と続き、最下位の地獄界までから成る十の世界をいう。

 一心十界とは、人の心はこれら十の世界の何れかの状態にあり、人は死んだ後その人の心の状態によって十の世界のうち、その人の心の状態に相応しい世界に行くことになるということを表した言葉である。

六道と四悪道

 十界のうち、 天界から下の六界を六道という。また、六界の上の二界(人間界・修羅界)を除いた四界を四悪道(しあくどう)という。

 人が死んだ後様々な世界を経験することを輪廻(りんね)といい、再び人間界に生まれ変わることを転生(てんしょう)といい、あわせて輪廻転生というが、ほとんどの人間は六道を輪廻しており(六道の世界の中で生まれ変わり死に変わりをしており)、これを六道輪廻(ろくどうりんね)という。

天界の神

 六道の世界は、その最上階の天界の神でさえ、人間と取引きする(人間の分不相応な現世利益の願いに応ずる)真の悟りを開いていない神であり、その輪廻は六道世界の中にある。 従って、天界の神の位にありながら、人間と取引をして、地獄界に転落する神もあるとされている。サタンはその代表的存在である。天界の神であっても、神と言われるだけあって、力は持っておられる場合が多いので、人間が間違った願掛けなどをすると、身を滅ぼすこともあるとされている。

四聖道

 十界の上から四番目までの世界 、すなわち仏界、菩薩界、縁覚界、声聞界 を四聖道(ししょうどう)という。
 四聖道は悟りの世界(境地)を段階により区分した世界であり、天界に至った人間が更に修行を重ね、声聞、縁覚、菩薩の三つの聖道門を経て仏界に入ることになるとされている。

 四聖道のうち耳で聞いて分かる段階の神々ならば、これを声聞と言う。説明を聞いて分かる程度、これを声聞根性と言う。
 声聞の上は一生懸命修行して行くことによって悟りを開く段階。これは持って生まれた素質であり、これを縁覚と言う。

真に神と言えるのは、菩薩界以上の神

 声聞、縁覚の段階を越して行って初めて菩薩界に入って行く。だから天界の神の世界にいる者ですら一生懸命修行しなければ菩薩界まで行かれない。菩薩界まで行くのにも未だ二段階ある。
 声聞・縁覚を越えて、本当の菩薩の修行をして初めて、本当の神の世界(菩薩界以上の神の世界)に行くことになる。

関連記事(六道)

https://marisuke.com/archives/4877?preview_id=4877&preview_nonce=b097840568&preview=true