UA-91635752-2

椎葉移流(シーハイル)

安心な生活の知恵

Home » 宗教・信仰 » 六波羅蜜行は仏菩薩の境地に近づくための段階的修行法

六波羅蜜行は仏菩薩の境地に近づくための段階的修行法

calendar

reload

「波羅蜜多」とは彼岸に至る修行のことであってサンスクリット語「パーラミター( Pāramitā ) 」の漢訳です。 波羅蜜多の修行は、内容的に六段階に分けられており、「六波羅蜜多(ろくはらみた)」あるいは「六波羅蜜(ろくはらみつ)」とも言われている。

スポンサーリンク

「六波羅蜜(六波羅蜜多)」とは

 六波羅蜜(六波羅蜜多)とは、仏教経典にも出てくる仏教用語であり、仏・菩薩の境地(彼岸に至ることー悟りを得ること)を目標として修行する仏弟子が本来取り組むべき根本的修行を六段階に分けたものである。六段階の修行とは、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智恵の六つの修行をいう。

 本記事は、それぞれの段階における修行内容およびその要点について記載した。

布施(ふせ)

 布施とは施すことであり、恵むことであって、慈しむこと、憐れむことも布施である。神仏にお供えすることも布施である。布施は法施と財施の2つに分けられる。法施とは慈しみ、憐れみから出た恵み、すなわち無形の施しをいい、財施とは金品をもってすることをいう。
 布施は仏教用語ではあるが、施すことは仏教の専売特許でもなければ、専門的なものでもない。物乞いに僅かばかりの金品を与えることも、一膳の飯を食べさせることも施すことに変わりない。ただ、施す人の気持ちに、可哀想に、哀れなといった気持ちから感謝と同情に満ちた、心から湧いてきたものでなければならない。乞食にうるさいやつだ一銭投げて追い返せといったやり方は施しではない。托鉢の雲水がかどずけしたとき乞食坊主また来たか、何か与えて去らせといった施しでは無意味である。 

(要点)
 あるから与えるといった優越感から与えるのでなく、真心から施すといった気持ちで施すものでなければ形だけの布施であり、六波羅蜜でいう布施修行にはならないとされている。

持戒(じかい)

 戒律を守ること、即ち仏陀の(お釈迦様が仏弟子が守るべきとして)定められた戒めを守ることをいう。

(要点)
 師や先輩僧、あるいは他人の目があるから守る等、形式的に守るのでなく、常に神御照覧の精神のもと、自己完成のために守るのでなければ、六波羅蜜でいう持戒修行にはならない。

忍辱(にんにく)

 忍辱とは耐え忍ぶこと。修行者にはいろいろな苦難が伴うもので、これに打ち克っていくだけの忍耐力と忍耐心を必要とし、一般的にいう難行苦行の苦修練行をもって易行とし、安楽世界へ行くための辛抱強さをいう。鉄のような意思と強い実行力をもって、せかず、さわがず、あせらず、いそがず、しかも機を見て逸することなく、用意周到、怠ることなく態勢を整える心構えをいう。中庸を得て潮時を待つといった、退かず、進まず、足踏みして停止せぬ態勢を持する修行であり、言うは易いが行うは難しといった修行である。

(要点)
 人間的な感情による不健全な喜怒哀楽が先に立っては、修行の邪魔になると同時に、煩悩の種子ともなるので、すべてを忍び、すべてをこらえて、徐々に性格を整えていく修行のこと。敵を作らず人に好かれるよう徳を積む修行。

 布施、持戒までの修行は良識ある理性や価値観を備えた人間にとって比較的取り組みやすい修行である。これに対し、忍辱の修行では自己の価値観や理性にもとらわれないことが要求されます。すなわち自己否定が求められる厳しい修行であり、ここから初めて自己変革の修行段階に入るとも言えるものである。
 この自己否定は、否定のための否定ではなく、より高い存在(仏菩薩)との交流を可能にするための自己否定である。なんとなれば、 良識ある理性や価値観による人間知と言えど、高度な存在である仏菩薩の叡智から見れば比較にならぬほど視野の狭い、深慮の足らぬものであるからである。自己の理性や価値観を一度捨て去ることによって、神の叡智を授かる器作りをすることに繋がるわけである。

精進(しょうじん)

 精進とは、一心に道を修めに努力することをいう。道を修め努力する過程において、生活上の煩悩を解消すべくいろいろな方法を考え出す。その一つとして妻帯をしないとか、魚肉を食べないとか、断食をするとか、人間界の罪穢れから離れるべく努力すること。要は身を浄め、清浄な立場において仏道を修める努力で、動的かつ積極的な修行である。

(要点)

 前段までの修行、すなわち布施・持戒・忍辱の修行内容を更に高め、どんな場合にも揺るぎのない自分のものとなるよう努力することを精進といいます。禅定の修行をより効果あらしめるための準備段階ともいえる。

禅定(ぜんじょう)

 六波羅蜜行の一つで、跏坐(かざ)を組み心静めの行をすることをいう。 
 布施から精進までの四つの波羅蜜が動的行といえるのに対し、禅定は静的行といえる。
 布施行から精進までの修行の実践で得たものを、 跏坐 を組み心を静めまとめる行をすることをいう。この行によって禅定に入り、三昧(さんまい)の境地を得ることによって仏陀の境地を知ることが出来るされている。

(要点)
 六波羅蜜の中でも重要な修行。布施から精進までの結果が、この禅定に終結する。禅定の理想とするところは、①雑念を無くすこと、②自己の計らいを無くすこと、③無我の境地に入ること、すなわち我欲的なものを無くして真の相を感ずる境地に達することである。

(解説)
 禅定は形の上では座禅と同じく跏坐を組んで行われます。ただし、六波羅蜜の修行を段階的に進めてきた者が行う座禅(禅定)と、そうでない(布施から精進までの修行をしていない) 者が行う座禅とでは、外形的には同じように見えますが、両者の行内容(精神状態や心の状態など内面的なもの)は全く異なるものであることは明白です。
 巷には参禅会など一般者が座禅を組む場が至るところで見受けられます。 眼を閉じ跏坐を組んで(姿勢を正し)時間を過ごせば、心は静まり精神的にも安定し、脳がアルファー波を出したりするようになることはよく知られています。これは比較的心静かで穏やかな人の場合のことです。心が普段から波立っている人は、眼を閉じ跏坐を組んでも、最初は雑念が浮かんでくるものであり、何度も座禅を組むことによって、次第に心の落ち着きが得られるようになってくるもので、最初から心静かになることは難しいものです。しかし、六波羅蜜の修行をしていない人の場合には、座禅を何度組んでも、心の落ち着きを得られる段階までで、その先の世界には入っていけないのが普通です。

 これに対し、六波羅蜜行の布施から精進までの修行を段階的にしてきた人は、忍辱の修行段階で 自己否定の修行をし、自己の理性や価値観にとらわれない世界をある程度体験しているので、 跏坐を組んだ行の中で禅定(自己意識にとらわれない心静かな状態)に入り仏・菩薩の叡智に接しやすくなるわけです。己を無にする深度が深くなり、自己判断を離れた世界に浸れるほど、禅定の境地は高くなり仏菩薩の叡智を授かりやすくなるわけです。

智慧(ちえ)

 六波羅蜜行の一つであり、六波羅蜜行の目的とでもいうべきもの。禅定に入って得た智慧、すなわち英智をいう。人間の知恵、俗に言う猿知恵的な知恵でなく、優れた秀でた智慧であって、人間の意識の中に本能、感情、観念的なもの、我欲的なものがあっては、到底得られないものである。したがって、人間的雑多なもの、計らい、疑い、偽りとか、あるいは妬み、嫉み、ケチ、薄情等を捨てきれない者には、叡智はおよそ縁遠いものである。

(解説)
 智慧とは覚りの果をいうのであって、人間的感情による知恵をいうのではありません。すなわち仏陀の境地によって示される智慧をいい、禅定によって仏陀の境地に近づくことによって得られる智慧のことをいいます。 正覚に基づく叡智のことであり、般若心経にいう般若の智慧のことであります。この智慧は、六波羅蜜行を布施から精進まで段階的に取組んだ後、禅定の行に進むことによって初めて得られるものであるのです。
 このようにして得られた智慧によってすべてを判断し、すべてを行うことによって、波羅蜜行の目標である彼岸(真の悟りの世界)に到達することが出来るとされています。

補足

 六波羅蜜行は、上記したように段階的に取り組む修行ですが、実際には一つの段階を完全に終えてから次に進むと言うわけではなく、ある程度自分のものにしたところで次の段階の修行にも進むのが普通です。布施から始まり忍辱まで一通り修行を進めた後、精進の段階でそれまでの布施から忍辱までの修行を、丁度ループ橋や螺旋階段を登るように、更に高めて行うわけです。そして、ある程度自己の理性や価値観にもとらわれなくなってから禅定の修行へと進むのが六波羅蜜修行の目的を達する上で効果的であると思います。

 なお、本記事の記載内容は、記載者自身が20代半ばで師なる聖者に出会い、信者として在家修行をする中で、師のことばから直接あるいは師の高弟の方を通して間接的に教えて頂いたこと、および自ら修行に取り組む中で気づかせて頂いたことを纏めたものです。巷に出回っている宗教関係の出版物や、仏教学者の説を引用したものではないことをここに一言申し述べておきます。
 記載者自身は、忍辱の修行の大切さが解るようになり、忍辱の修行を始めたばかりですが、問題に直面すると、すぐに自己判断や理性が顔を出し、如何に理性を捨てるという忍辱の修行が難しいかを実感しているところです。ただ、忍辱の修行をするんだと言う意識を持って日常を過ごすようになってから、今まで気づかなかった自分の癖や問題点が見えてくるといったことがあり、忍辱の修行の大切さが感覚的に解るようになって来たところです。

 聖者のことばに、「理性は悟りを得るのに邪魔になる」とあり、釈尊のことばに、「理屈を言う者、学者は救いがたし」とあるのも忍辱の修行の難しさと大切さを説かれているのだと思います。

 
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す