UA-91635752-2

椎葉移流(シーハイル)

安心な生活の知恵

Home » ことばの散歩道 » 五感六識、良識・悪識、雑識と仏道修行

五感六識、良識・悪識、雑識と仏道修行

calendar

reload

スポンサーリンク

五感六識とは

 「五感六識(ごかんろくしき)」とは、仏教用語であり、人を感覚器官の働きと意識からとらえた見方である。

五感とは

 「五感(ごかん)」とは人が持つ五つの感覚のことである。すなわち視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚の五つのことであり、よく使われる仏教用語「眼耳鼻舌身意(げんにびぜつしんい)」の意(い)を除いた眼耳鼻舌身(げんにびぜつしん)の五つの感覚器官で感ずる感覚のことである。

六識とは

 「六識(ろくしき)」とは 眼識、耳識、鼻識、舌識、身識、意識のことであり、五つの感覚器官で捉えた対象を心で考えることを識という。眼で見て考え、耳で聞いて考え、鼻で嗅ぎ、舌で味わい、手で触って考える働き等、これを意識と言い、この意識する機能を心という。

六識ということばの六には意味がなく、五感で捉えたものを総合判断して意識する、すなわち五感に意義は意識に包含されることから五感の上の六の数字があてがわれ六識という。

人の六識には良識と悪識が存在する

良識(りょうしき)と悪識(おしき)

 利他精神、社会正義にかなった意識、慈悲の心などは良識に属するものであり、自己中心的な判断や他の犠牲をいとわない意識などは悪識に属するものである。例えば、他家の庭に咲く花を折って持ち帰ろうと思ったり、他を蹴落としても自分が上に立ちたいと思うことなどは悪識の働きであり、他家の庭に咲く美しい花を眺めるだけで心豊かになれたり、人の喜びを自分の喜びと思えるなどは良識の働きである。

雑識と仏道修行

 人の意識(六識)には良識と悪識が混在している。この良識と悪識が混在している意識を雑識(ぞうしき)という。雑識中に混在する良識と悪識のうち、悪識を無くして行くのが仏道修行であるが、この意識の変革は人間的努力では不可能であり、神仏の導きによって初めて可能になるとされている。

関連記事

https://marisuke.com/?p=9497&preview=true

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す