熱海の土石流災害|同様の災害の未然防止を

土石流災害発生

 2021年7月3日午前10時半頃、静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流は、標高390mの盛土があった起点から海岸までの2kmを、多くの家屋をなぎ倒し、人や車を呑み込みながら、一気に海まで流れ落ちた。

 土石流の時速は30km以上と推定され、遭遇すれば、人や車でとても逃げられるものではないことが映像からも見て取れる。その破壊力は半端でなく、一旦始まれば人の力で止められるものではなく、住民が体験した恐怖は筆舌に尽くしがたいものと思われる。

被害状況

 今回の土石流による被害状況は、被害家屋およそ130棟、7月14日時点における死者は11人、安否不明者は17人となっている。
  現場では、連日のように雨が降り、14日朝も茶色い水が捜索現場の真横の谷筋を流れるという厳しい状況の中で、自衛隊や他の地域の消防隊などが救助・復旧作業にあたっている。

同地での降雨量

 同地域での降雨量は、土石流災害発生の二日前の、7月1日未明から7月4日午前0時半までの72時間降水量が411.5mmであった。同地域の7月1ヶ月間の平均降水量が242.5mmであることを考えると、わずか3日間で7月平均総降水量の1.7倍の雨が降ったことになる。

土石流災害の最上部

 災害から時間が経つにつれわかって来たことは、今回の土石流災害が、土石流最上部の土地の前所有者が行った不法な盛土が原因していると思われるとのことである。現在、静岡県副知事が原因究明に注力しているが、現在までにマスコミ等で公表されている内容は以下の通りである。

盛土( 土石流最上部 )の土地所有者

前所有者(A社)時の経緯

 2006年9月 A社が購入
 2007年3月 静岡県条例に基づく盛土の計画届書を提出
   届書記載の土地改変面積 0.9haに対し、実際は1ha超えであり、静岡県から行政指導を受ける。
 2010年8月 盛土に産業廃棄物が混入していることが判明し、県と市から撤去、土砂搬入中止の指導を受けるも、A社応ぜず。
  (A社所有時の2010年時点における盛土の公開写真から不法投棄は明らか)
 2011年2月 県や市の指導に何ら対応することもなく、現所有者に売却

現所有者

  2011年2月 、当該土地を購入後、前所有者の行った不法な盛土を、災害発生までの10年間何もしないまま放置

土石流災害発生の責任は?

土地所有者の責任

 民法上、現所有者は無過失責任を負うとされるとともに、現所有者は原因となる工事をした業者への損害賠償請求が出来るとしている。従って、先ず責任を問われるのは、危険な状態で購入したまま、何ら改善処置をすることなく11年間危険な状態を放置した現所有者ということになる。盛土としての説明を受けなかったと代理弁護士が述べているが、目視でわかる不法投棄を、現地を確認することなく購入し、その後11年間何ら対処していないとすれば、前所有者への損害賠償の可否は別として、自らも責任を免れないのは明白であろう。

民法717条

第1項

 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に障害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

(補) 所有者の責任は無過失責任であり、免責規定はない。
(注)占有者とは、通常はその土地に住んでいる人を指す。

第3項

 前項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することが出来る。

行政側の対応の問題

 土地所有者の杜撰な工事や管理に起因する今回の土石流災害に対し、静岡県と熱海市は被害の原因となった土地の工事や管理に関する証拠収集にかかっているとのことである。ただ、不法投棄をしながら行政指導に従わない、前所有者や、10年以上危険な状態を放置しておいた現所有者に対し、行政側としての適切な対処、例えば「行政代執行」や「執行罰」などの対処はすべきであったであろうと思われる。この点の対応の甘さは追求されても仕方のないところであろう。

代執行

 代執行とは、他人に代わってなすことができる代替的作為義務について、これを履行しない義務者に代わって行政庁が行い、その費用を義務者から徴収する制度のこと。

執行罰

執行罰とは、義務者に義務を履行させるため、あらかじめ義務不履行の場合に過料を科すことを予告するとともに、義務不履行の場合にはその都度過料を徴収することによって、義務の履行を促す間接強制の方法のこと。

 しかし、同時にきちんと原因究明をし、不法投棄をした前所有者、危険な状態を10年以上にわたって放置していた現所有者名と、それぞれが行った事実を国民の前に明確にする必要があると思われる。

宅地建物業者への罰則

 原因追求の結果掴んだ事実から、不法行為が明らかになった場合、所有者が宅地建物取引業者であるならば、民法上の責任と損害賠償だけでなく、宅地建物業者の不法行為に対する宅建業法上の罰則、すなわち業者資格の剥奪や最高1億円の罰金を併せて課すべきである。住民が受けた被害の甚大さ、当地だけでなく国や他方の地域に多大な負担を強いたことからして、厳罰に処されるのは当然のことである。

悪質業者には厳しい罰則を

 民法にしろ、宅建業法にしろ、法の目的は罰則を課すことだけでなく、今回のような事故を未然に防止することにある。 多くの住民を犠牲にするにとどまらず、国や地方に多大の損失を与えた今回の業者に対しては、きちんと厳罰を課し、自らの不法行為の精算をさせるとともに、今後このような不心得者が出ることを抑止するようにすべきである。

同様の災害の回避のために

国、地方自治体の対応

 21世紀に入った頃から降雨量はそれ以前の3倍(1時間雨量100mm)程度になった。最近では毎年のように全国いたる所で豪雨があり、河川の氾濫や土砂崩れなどが起こっている。

 日本の多くの場所は、20世紀の1時間最大雨量30mm程度を想定して、堤防や橋梁などが作られているため、今や日本国内どこにおいても豪雨災害(堤防の決壊ががけ崩れなど)が発生しかねない。国や自治体は、危険な箇所をリストアップし、危険度のランク付けを行い、危険度の高い方から治水工事に取り掛かるべきである。

国民の意識変革

 国民においても、自然環境が変化した(厳しくなった)ことを心に刻み、機会があればより安全な場所に居を移すのが望ましいのであるが、それができない場合は、早めの避難を徹底すべきである。命は一つしかないものであり、逃げ遅れて死んでしまっては元も子もない。避難が空振りに終わっても、何もなくて良かったと思えばよいことである。

住んでいる土地の危険度を知る

 自らの住んでいる土地の危険度を知る意味で、以下の2つのツールは非常に役立つものであると思われます。

国土交通省:重ねるハザードマップ

https://disaportal.gsi.go.jp/maps/?ll=35.335293,138.735352&z=5&base=pale&vs=c1j0l0u0

  • 表示されている日本地図で自分の住んでいる所を、中央の+マークに移動し拡大します。
  • 画面左上にある、確認したい災害種別を選べば、危険な場所が、上で選んだ地域に重ねて表示されます。
  • 選べる災害は、洪水、土砂災害、高潮、津波、道路防災情報、地形分類と6種類の危険箇所を単独に、あるいは重ねて表示することができます。。

気象庁ホームページ

https://www.jma.go.jp/jma/index.html

 ・画面上の「キキクル」をクリックすれば、危険度分布が表示されます。

(注)上記ツールは非常に有益であるが、上記ツールで危険でないと表示される所でも、短時間降水量が100mmを超えるときなどは、一時的に内水氾濫が起こることもありうるので、日頃から自らの住んでいる土地の周囲の特徴は把握するようにするのが良いと思います。

自然環境の変化と21世紀の家のあり方|災害多発時代に対応した家のあり方を考える

産業革命から20世紀半ば頃までは、人間が経済活動をすることによって作り出す排出熱を含む環境汚染のレベルが地球の浄化能力を上回ることがなく、20世紀末近くまで比較的穏やかな地球環境が維持されていた。

しかし、人間の経済活動が地球の浄化能力を超えたことによって、海洋汚染をはじめいろいろな面で環境の汚染が進んでいる。また、膨大な排熱や二酸化炭素の放出による海面温度上昇し、熱帯低気圧の大型化や降雨量の増大が顕著に現れつつある。

さらに、それと呼応するように、地球活動が活発になり、世界中のいたるところで火山の噴火や地震が発生している。20世紀の地球環境が比較的穏やかであったのに比べ、21世紀は地球環境が厳しいものになってきており、住環境を考える面においても、従来の固定観念に縛られず、起こりうる環境変化を見越した対応が望まれる時期にある。

本記事は、定量的あるいは学術的な検証などの裏付けはなく、定性的でアバウトな考えであるが、新たな住環境をこれから考える場合の何らかの参考になればと思って書いたものである。

“自然環境の変化と21世紀の家のあり方|災害多発時代に対応した家のあり方を考える” の続きを読む

令和2年7月の九州豪雨|頻発する豪雨災害への抜本的対策はどのようなものか?

九州各地で豪雨災害

 令和2年7月3日以降、熊本県を中心に九州や中部地方の岐阜県などで集中豪雨があった。

 九州では、7月20日時点で、熊本県南部、川辺川・球磨川流域の人吉市や球磨村を中心に、死者数は70人以上の災害が発生し、岐阜県では飛騨川が氾濫し、国道41号線で百メートル以上にわたって道路が飛騨川に崩落し、JR高山線も不通となった。

日本の気候の変化

 21世紀に入ってから、何十年に一度(気象庁や気象関係者の表現)という豪雨が、 毎年のように日本の至るところで 発生し、河川の氾濫や堤防の決壊による浸水被害、土砂崩れによる民家の崩壊、道路や鉄道の寸断などの多くの災害を引き起こしている。

 20世紀の地球の気候は穏やかであり、日本国内の雨量についていえば、長崎、室戸岬や尾鷲など、地形的に雨量の多いいくつかの地域を除き、時間あたりの最大雨量は30mm程度までしか観測されることがなかった。

何十年に一度の豪雨が毎年のように発生

 しかし、21世紀に入ると、2000年9月の東海豪雨の頃から、それまで観測されることがなかった、1時間あたりの雨量が100mm以上という豪雨が 日本の各地で発生するようになってきた。

 気象庁や、気象関係者が何十年に一度という表現をする場合のベースデータは、10年ごとに更新される過去30年間の平均である。平年値は10年ごとに、その直前の30年間の平均値をとって更新されており、2020年における気象データの平均値とは、降水量も含め、1980年から2010年までの平均値である。

 このベースデータは、2021年になると1990年から2020年までの平均値に更新されるわけである。

ベースデータとの比較による予報表現と現実が乖離

 降水量が多くなった原因は、地球温暖化による海水温度の上昇であり、大気中に含まれる水蒸気量が増加したことによるものである。

 地球温暖化により、海水温は、経済活動の膨張による大気中や海水中への排熱の増加、CO2や水蒸気など大気中の温室効果ガスの増加により、年々上昇し続けている。

 にも拘らず、気象予報のベースデータが、最大時間雨量が30mm程度であった1980年から2000年までの20年間のデータと、最大時間雨量100mmが少ない頻度で観測されはじめた2001年から2010年までの10年間のデータを合わせた30年間のデータを基にしているため、毎年のように起こるようになった甚大な被害をもたらす豪雨を、何十年に一度の豪雨と表現している。

 それゆえ、現実と気象予報の表現の差に違和感を覚える人が多いものと思われる。

豪雨災害への対処法

河川の流量能力の増加

 さて、毎年のように起こる豪雨災害にどのように対処するかであるが、実現に要する時間と費用、住環境や自然環境問題を除外して考えれば、技術的には簡単なことである。解決策を一言で言えば、最大雨量が20世紀の3倍になったのであるから、まず最初に行うべきことは、

  • 陸地に降った雨を海まで流す下水や河川の搬送可能流量を現在の3倍にすることである。

崩落・崩壊危険箇所への対処

 また、崖などの自然地形や河川にかかる橋脚は、1時間あたり最大雨量30mm程度の状態で安定して維持されてきたものであり、1時間あたり100mmの雨量では崩落したり、崩壊したりする危険性がある。従って、

  • それらを100mmの雨量で崩落したり、崩壊したりすることのないようにすることが必要である。

 しかし、上記した対策を要する箇所は全国至るところに存在するため、実施するとなると、計画的に行っても、数十年、あるいは100年ほどの時間を要するものである。

具体策の事例

 上記の対策を、河川に関してだけ、もう少し具体的に記せば、搬送可能流量を3倍にするためには、

  • 堤防を後方に移動し、川幅を3倍にする
  • 堤防の高さを、3倍の水量を搬送できる高さにまで高くする

のいずれかの方法が必要である。
搬送可能流量はそのままで、流量調節をする方法としては、

  • 河川の上流から下流までの至るところで、巨大な貯水池や貯水槽を作る
  • 河川の上流から下流までの必要な箇所にダムを作る

方法がある。

治水は為政者の為すべき重大事業

 治水はいつの時代も為政者の為すべき重大事業であり、我が国の歴史を見ても多くの為政者が治水事業に取り組んできた。

 雨量が20世紀の3倍になった今の日本においては、上記対策を、住民に説明をし、住民と話し合いながら、計画的に進めていくことが為政者の責任である。

 上記対策を科学的に比較検討すれば、かって自然を破壊し、生態系を壊すとして批判の的になったダム建設が、生態系への影響も最も少なく、周辺住民の犠牲も少ない。また、建設費用や期間も少なく現実的である。

 我が国には、近視眼的な視点から無責任に反対する政党や政治家、自国民の利益を考えなず、他国の利益の代弁をしているような政治家やマスコミが存在する。

 そして、上記いずれの解決策も、一部自然環境を壊し、住民に犠牲を強いる部分があることを考えれば、反対する理由はいくらでも挙げられる。

 しかし、上記いずれかの対策を行わねば、毎年甚大な災害が発生し、国土は荒廃し、国民は疲弊し、次第に国力が低下していくことは明らかである。

 反対のための反対を恐れず、政治生命をかけ、国家百年の計のもと、国民の利益、将来の日本に資する抜本的対策をする政治家の出現を望みたいものである。

過去の為政者に学べ

 名古屋市内にある『久屋大通』と『若宮大通』の百メートル道路(道幅百メートルの道路)は、戦災からの復興計画の一環として、火災発生時の延焼防止・市民の避難場所確保・車社会への適応のために計画された。

 当時、「飛行場でも作るつもりか」「そんな広い道路は要らない」といった批判があったが、1964年に完成し、今では、名古屋の主要な一画を構成し、多くの名古屋市民が憩う場所の一つとなっている。

 そして、一旦大災害(大火災や大地震など)が起これば、市民の避難場所として利用できるものである。

 また、岐阜県八百津町から愛知県の南知多に至る愛知用水(全水路長1,000km以上)は、河川の無い知多半島の先端まで、木曽川の水を生活用水・農業用水として利用できるよう造られたものである。

 建設当時反対する者もあり、完成するまでに56名の殉職者を出したが、完成後は知多半島で暮らす多くの人に命の水を届け、今日に至っている。

関連記事(自然環境の変化と21世紀の家のあり方):https://marisuke.com/archives/1728

冬に日本海側に大雪が降るのはなぜか?太平洋側はなぜ晴れるのか?

気団の形成と分類

大陸や海洋上で、水平方向の広がりが1000km以上にわたって表面状態が一様な地域に、大気が長い間停滞すると、特有の性質をもった空気の塊ができる。これを気象学上「気団」(air mass)と呼んでいる。

気団は、発生場所に特有の温度や湿度を持つため、温度の点から、熱帯気団(Tropical)、寒帯気団(Polar)、極気団(Arctic)の3つに分類され、湿度の点から大陸性気団(continental)、海洋性気団(maritime)の2つに分類される。

そして、具体的な気団を表すときは上記の2つを組み合わせて表現される。海洋性熱帯気団ならTm、大陸製寒帯気団ならPcというようにである。

シベリア気団とその移動

冬、日照時間が少ないシベリア大陸では、放射冷却により冷たい空気が蓄積され、巨大な寒気団が作られる。冷たい空気は重く地表面に沈み込んで、世界一の高気圧へと育つ。

これがシベリア気団(Pc)であり、シベリア高気圧とも呼ばれるものである。このシベリア気団の寒気は、チベット高気圧に遮られて南へ移動することが出来ず、日本列島方向に周期的に溢れ出して来る。これが日本列島への寒波の襲来である。

このように、冬にシベリア気団(高気圧)が発達するため、日本周辺では、冬に西高東低の気圧配置となり北西季節風が支配的となる。

(補足)上空では地表面からの摩擦の影響がなく、気圧傾度力(文末に補説)とコリオリ力(文末に補説)との釣り合いから、風は低圧側を左に見て、等圧線に平行に吹くが、地表面から1000mくらいの高さまでは、上記2つの力に加え地表面からの摩擦力が働くため、風は等圧線を斜めに横切って低圧側へと吹く。従って西高東低の気圧配置の場合、北西の風が吹く。

日本海上で雪雲が発達

さて、このシベリア気団の寒気が日本海を横切るとき、海面から蒸発する水蒸気をたっぷり補給され雲が発生する。寒気が強く、大陸からの吹き出しが強いときほど、日本海上に筋状の雲がはっきりと観測される。

この筋状の雲は、衛星写真で見られるよう、大陸から少し離れた場所から発生し始め、日本海を通過するとき水蒸気が補給され、東に移動しながら発達する。衛星写真で見ると東進するにつれ水平方向の幅を広げているのがわかる。

垂直方向で見れば、東進しながら雲頂高度(雲のてっぺんの高度)が次第に高くなって行く。

筋状の雲

この雲が日本海側の各地に雪を降らせるのであるが、寒気が日本海を東進する間に、雪雲の雲頂高度は3000mくらいまで発達する。

日本列島の日本海側で降雪量が多い理由

雲頂高度3000mほどの雪雲を伴った寒気が日本列島を横断するとき、本州の脊梁山脈で遮られ上昇気流となる。寒気は脊梁山脈を上昇するとともに更に温度を下げ、飽和水蒸気密度(空気中に水蒸気として存在できる量)が下がり、さらなる (雨滴と氷滴からなる) 雲を作る。

さらに上昇による気温低下により残っていた雨滴も氷滴に変化し、多量の雪を脊梁山脈を越えるまでに(日本列島の日本海側で)降らせてしまう。これが、冬、東北・新潟・富山・山陰など日本海側の各地で大雪が降る理由である。

そして、一部の雪雲が脊梁山脈を越えたとしても、山肌に沿って下降するにつれ気温が上がるため飽和水蒸気密度が上がり、寒気中に残っていた少ない氷滴は蒸発し水蒸気となり、雪雲は消失してしまう。それゆえ、本州の太平洋側は晴れとなる。

(補足)高度変化による気温の変化は、空気の湿度によって変化し、雪雲が脊梁山脈を上昇するときのように湿った空気の場合は温度変化が少なく(湿潤断熱減率)、1kmあたりの高度変化に対し6℃~7℃の温度変化であるが、山脈を越えた乾燥空気が下降するときは温度変化が大きく(乾燥断熱減率)、 1kmあたりの高度変化に対し10℃の温度変化がある(フェーン現象)。従って、太平洋側は日本海側に比べ気温が高くなる。

そして、このような気圧配置が冬の日本付近で支配的であることから、冬の日本海側は雪の日が多く、太平洋側は快晴の日が多くなるわけである。

補説

気圧傾度力:気圧の差に起因して空気塊に働く力

  空気の密度をρ、気圧傾度を⊿p/⊿nで表せば、単位質量の空気塊に働く気圧傾度力F1は

F1=-1/ρ・⊿p/⊿n

で表される。ここで ⊿pは等圧線間の圧力差を、⊿nは等圧線間の距離を表している。また、 符号-(マイナス)は気圧傾度力が高圧側から低圧側に作用していることを表している.

図は小倉義光著「一般気象学」より引用

コリオリ力:地球の自転により空気塊に働く力

  緯度φの地点で速度uで空気塊が移動するとき、空気塊に働くコリオリ力の水平成分の大きさF2は、地球の自転の角速度をΩとすると

F2=2Ωusinφ

で表され、速度uの右向きに働く。

図は小倉義光著「一般気象学」より引用

関連記事:https://marisuke.com/archives/2171

関が原に冬大雪が降るのは何故か?|シベリアからの寒気の吹き出しと日本海が関係

関ヶ原雪 画像 に対する画像結果

気団の形成と分類

大陸や海洋のように、水平方向の広がりが1000km以上にわたって表面状態が一様な地域に、大気が長い間停滞すると、特有の性質をもった空気の塊ができる。これを気象学上「気団」(air mass)と呼んでいる。

気団は、発生場所に特有の温度や湿度を持つため、
温度の点から、熱帯気団(Tropical)、寒帯気団(Polar)、極気団(Arctic)の3つに分類され、
湿度の点から大陸性気団(continental)、海洋性気団(maritime)の2つに分類される。

そして、具体的な気団を表すときは上記の2つを組み合わせて表現される。海洋性熱帯気団ならTm、大陸製寒帯気団ならPcというようにである。

シベリア気団とその移動

冬、日照時間が少ないシベリア大陸では、冷たい空気が蓄積されて、巨大な寒気団が作られる。冷たい空気は重く地表面を覆い、世界一の高気圧へと育つ。これが「シベリア気団」(Pc)別名 シベリア高気圧 である。

このシベリア気団の寒気は、チベット高気圧に遮られて南へ移動することが出来ず、日本列島方向へと周期的に溢れ出す。これが日本列島への寒波の襲来である。

このように、冬にシベリア気団(高気圧)が発達するため、日本周辺では、冬に西高東低の気圧配置となる。

日本海上で雪雲が発達

さて、このシベリア気団の寒気が日本海を横切るとき、海面から蒸発する水蒸気をたっぷり補給され雲が発生する。寒気が強く、大陸からの吹き出しが強いときほど、日本海上に筋状の雲がはっきりと観測される。

この筋状の雲は、衛星写真で見られるよう、大陸から少し離れた場所から発生し始め、日本海を通過するとき水蒸気が補給され、東に移動しながら水平方向の幅を広げているのがわかる。

垂直方向で見ると、雲頂高度(雲のてっぺんの高度)が移動とともに次第に高くなって行く。寒気が日本海上を通過しながら雪雲が発達するわけである。そして日本列島に到着するまでに雲頂高度は3000mくらいまでに達する。

筋状の雲

関ヶ原の降雪量が多い理由

雲頂高度3000m級の雪雲を伴った寒気が日本列島を横断するとき、本州の脊梁山脈で遮られ、ほとんどの雪を日本列島の日本海側で降らせてしまう。これが、冬、東北・新潟・富山・山陰など本州の日本海側で大雪となる理由である。

本州の日本海側で雪を降らせた寒気は、脊梁山脈を越え、乾いた空気として太平洋側に流れ出す。それゆえ、本州の太平洋側では、冬、快晴の日が多くなる。

ところが、この脊梁山脈は、琵琶湖で寸断されており、この近辺は雪雲が雪を降らせながら本州を横断することができる。これが、冬、関が原に多く雪が降る原因である。

高速道路上の雪(関ヶ原付近)

蛇足ながら、冬、本州太平洋側に大雪が降るのは、太平洋側の日本近海を南岸低気圧が東北進しながら発達するときに起こる場合が多く、日本海側の大雪とは発生メカニズムが異なる場合が多い。

関連記事:https://marisuke.com/archives/2192